BALLISTIK BOYZ 砂田将宏 PTM フォトキー BBZ バリ グッズ

2月21日(月)

オンラインによる生徒会認証式・引継式を行いました。

令和4年度 前期生徒会役員の任命書が校長先生から手渡されました。「皆さんは18歳で成人になります。『命を任せる』として選んだリーダーのもと、皆で協力して、よりよい生徒会活動を作り上げてください」との、お言葉をくださいました。

続く引継式では、生徒会旗が後期生徒会長から前期生徒会長に手渡されました。

前期生徒会長の山岸さんは「公約である『体育大会の成功』に向けて、頑張ります」との意気込みを述べました。

生徒会役員選挙

2月14日(月)

来年度の前期生徒会執行部を決める、演説会と投票を行いました。

今回は、放送室から各教室へ、テレビ放送を通しての演説となりました。

コロナ禍に合わせた演説形式の中、候補者は落ち着いて、自分の思いを訴えていました。

生徒は演説にしっかりと耳を傾け、主体的に考えて、タブレットで投票しました。

準備してくれた選挙管理委員の皆さん、ありがとうございました。

上野香晴選手 全中入賞おめでとう!

2月4日(金)

全国中学校スキー大会アルペン競技が長野県野沢温泉スキー場で開催され、本校2年生の上野香晴さんが出場しています。

2月2日(水)には女子大回転が行われ、163名の強豪選手が競う中、8位入賞を果たしました。

 

 

本日9時からは、女子回転が始まっています。

上野選手の得意とする種目なので、よい知らせを期待しています。

頑張れ、上野選手!

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について(お知らせとお願い)

保護者の皆様

県内学校で、体調不良の家族がいる状態で登校したため、家族の陽性(感染)から子供の陽性(感染)そして、登校時に接触のあった友達への感染へとつながりクラスターが発生した例があります。
登校しないことで防ぐことができる感染もありますので、以下の点についてご留意くださるようお願いいたします。

・家族に発熱、のどの痛み、せき等の風邪症状がある場合は、児童生徒は登校せず、自宅で休養する。
・風邪症状の家族がいたが登校した場合、および日中に家族の体調が悪くなり風邪の症状が出た場合等も、児童生徒は早退し自宅で休養する。

保護者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

学校長

 

避難訓練

1月17日(月)

地震と、その後に火災が起きることを想定して、今年度3回目の避難訓練を実施しました。

生徒は放送をよく聴き、頭部を保護しながら体育館に避難しました。

校長先生からは、先日の海外の地震と津波に対し、宮城県の方々が迅速に避難したとの新聞記事を紹介され、今後「自分は災害に対して、どう避難すべきか、よく考えてください」と、お話くださいました。

教室に戻ってからは27年前の今日発生した「阪神淡路大震災の教訓を生かした、避難時の行動」についての映像を視聴し、各自、今後の備えについて考えました。

木彫刻を頂きました

1月13日(木)

本日、彫刻家の横山豊介さんから木彫の「聖なる祷(いの)り」を中学校に寄贈して頂き、体育館で寄贈式を行いました。生徒を代表して生徒会長から感謝の言葉と「彫刻に込められた思いを知り、今後もいなみの伝統を大切にしていきたい」という思いを伝えました。

 

3学期 始業式、書初大会

1月11日(火)

3名の生徒発表では「2学期でうまくいかなかったところや自分の弱点を見つめ、行動に移し、成長につなげること」、「『継続は力なり』を何度も意識し、少しでも成果を出していくこと」、「苦手なことでも方法を考え、工夫して挑戦していくこと」といった決意を、堂々と発表していました。

校長先生の式辞では、各学年の取り組むべき目標・課題を提示されました。その上で「氾濫する情報のどれが正しいのか、判断する軸となるのは各自の道徳性です。相手の幸せを願い、相手に喜びを届けられる人になってください。そして、学校生活の中で困難を乗り越えるためにアドバイスをくださる、先生方や周りの方々を敬い、信頼し、更に人間力を伸ばしてください」と、お話しされました。

その後、書初大会が行われました。

皆、冬休みまでの練習の成果を発揮できるよう、真剣な表情で取り組んでいました。

受賞報告・終業式

12月24日(金)

受賞報告では、ポスターコンクールや地区新人大会等の結果が紹介され、全校生徒の前で成果の報告を行いました。

終業式では、3名の生徒発表がありました。

「3学期は、学習面で安定した結果を出すこと。また、学年のリーダーとして、他人の立場に立って動いていくこと」の決意、「『学級長として動けるようになった』キッカケは友人が与えてくれた」という感謝、「体育大会で団長として学んだこと、そして高校での目標」を堂々と述べ、素晴らしい発表となりました。

校長先生の式辞では「世のため、人のためになる夢をもって、人間力を高めてほしい。5年後の自分をイメージして、夢の達成を信じ、努力を続けてください」と伝えられました。

Winter Plan(生徒集会)

12月23日(木)

「冬休みを健康に楽しく過ごせるように」と、生徒会の各専門委員会からの提案がありました。

生活委員会からは「メディアの上手な使い方」について、文化委員会からは「オススメの本」について、交流委員会からは「イラスト募集」について、話してくれました。

その後、各部活動の部長が、部の目標と活動状況、今後の意気込み等を発表してくれました。

そして生徒会執行部からの「部活動クイズ」があり、意外な難問もあって、大いに盛り上がりました。

最後に、生徒会会計と生徒指導主事が「各学年の冬休みの目標」について、それぞれ確認するお話がありました。

 

井波中学校に感謝状をいただきました。

本日、富山地方法務局の砺波支局長と人権擁護委員が来校され、感謝状を届けてくださいました。

井波中学校では、今後も教育活動全体を通して「自他の生命」や「人権」を尊重するなど、人権教育を推進していきます。

 

 

1 2 3 45